【東京 麻布十番】可愛いチェコの伝統菓子トゥルデルニークが食べれるお店Český (チェスキー)へ。

トゥルデルニークを知ってる人はどれだけいるだろう?
きっと名前すら聞いたこともない日本人がほとんどだと思う。

私はというと2年前チェコのプラハを旅した時、クリスマスマーケットで初めて目にしたのがきっかけでした。

長い棒に巻き付けられた生地をクルクル回しながら焼いていく筒状の菓子パンのようなものにお砂糖やシナモンをまぶすシンプルな物だった。
焼きたてはふかふかでとても美味しい。

プラハを歩いてるとトゥルデルニークの上に生クリームやアイスを乗せてアレンジして売ってるお店が軒並みあるんです。
見た目も可愛いし、これ日本にできたら絶対流行るのに!と思っていました。

そんなトゥルデルニークのお店がついに日本に上陸!
早速行ってきました。

トゥルデルニークが食べれるお店Český (チェスキー)に行ってきました

このお店を知ったのはお店の方が私のInstagramのプラハの写真にコメントをくれたのがきっかけ。
近々オープンするので是非フォローして下さいと言ってくれたので嬉しくて喜んでフォローさせて頂きました。
インスタもめっちゃお洒落です。

場所は麻布十番駅から徒歩1分程。

角を曲がったら派手な外観が目に飛び込んできたのですぐに発見。

私がプラハのクリスマスマーケットで食べたのはまさにこんな感じのシンプルな物。

店内はピンクで統一されていて、まるで海外に来たような気分が味わえます。
小さなお店だけどイートインできるスペースもありますよ。

トゥルデルニークは7種類。
何も乗っていないスタンダードなもの、生クリームが乗ってるスイーツ系、お惣菜系。
私は最初から食べたかった苺が乗ってるブルノを注文しました。

決済方法も豊富で助かります。

注文するとその場で作ってくれます。

5分程で完成。
焼きたてなのでまだ温かい~!
そしてめっちゃ可愛い!!

プラハのお城がプリントされたお菓子もアクセントになっています。
ほんとこれが日本で食べれるなんてとても嬉しい!

食べ進めていくとサプライズで中からゴロゴロと苺が登場。
これほんとに美味しくて感動しました。
生地も美味しいし手が込んでるなぁ…

店内にはプラハの写真が飾ってあったりして、また行きたくなっちゃいました。

 

まとめ

お店も商品もとにかく可愛い。
プラハでは食べれない日本風にアレンジした商品もあったりして楽しかった。

見た目だけじゃなく生地も美味しいし中にはゴロゴロ苺も入っていて手抜きしてない所も凄くいい。
店員さんも親切で居心地のいいお店でした。

トゥルデルニークはまだ日本では馴染みがないけどこれから流行る予感。
気になる方は是非訪れてみて下さいね!

 

関連記事